「歯並びが悪い」とお悩みの方たちの歯並びは様々です。デコボコの歯並び、八重歯、受け口、出っ歯など・・・。これらの歯並びは不正咬合といわれています。
当院ではただ歯並びを美しいものにするだけではなく、きれいな歯並びでしっかり噛んで食事ができる機能をお約束いたします。
今までとは違う美しい歯並びに変わっても、噛むことのできない歯では老化も早期に進んでしまい、身体的にもよくありません。
しかし、噛む機能が備わることによって、逆に今までのストレスから解放され身体的に素晴らしい効果が表れるのです。
以前は矯正治療と言えば、お子様の歯並びを治す治療というケースが多かったのですが、最近では成人の患者様もたくさんご来院いただいております。
当院には矯正歯科の専門医、認定医、認定衛生士、歯並びコーディネーターが常時勤務しております。
お子様の歯並びが気になる方、またご自身の歯並びに長年悩んでいらっしゃる方、当院までお気軽にお問い合わせください。
矯正治療の流れ

矯正装置について
マウスピース型矯正
(インビザライン矯正)
マウスピース型矯正(インビザライン矯正)は、ワイヤーを使用せずに美しい歯並びを創る矯正方法です。
透明の薄いプラスチックを使用するため、装着していてもほとんど見えないのが特徴です。
患者ひとりひとりのために、カスタムオーダーで製造される、矯正歯科装置は薄い透明のプラスチックでできているため装着していても目立ちません。
また、従来のワイヤーとは異なり、自分で着脱が可能なので食事や歯磨きも通常通り行うことができます。
矯正中の見た目や口内の違和感が心配で、治療に踏み切れなかった方にも、気兼ねなく治療に臨んでいただけます。
歯科矯正用アンカースクリューを
用いた矯正(インプラント矯正)
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正(インプラント矯正)では、矯正用のインプラントを顎の骨に埋入し、そこを支点にして歯を移動させます。
矯正用のインプラントはチタンでできていて、顎の骨と結合する性質があります。
この性質を利用する事で安定した力で歯を移動させる事ができます。
ワイヤーだけの矯正で2~3年かかる症例が、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正(インプラント矯正)では半分くらいまで短縮が可能です。
審美ブラケット
「矯正装置が目立つのは嫌」という患者様の声から考案し、開発された矯正装置です。
歯列矯正には幾つかの方法がありますが、現在より一般的な方法はマルチブラケット法です。
マルチブラケット法とは、ブラケットという装置を動かしたい歯の表面に装着し、ワイヤーを通して歯列を整える方法です。
従来は金属製の装置を装着していたため、装置がどうしても目立ってしまうというのが患者さんの悩みでした。
そんな患者様の声を受け、考案し開発されたのが「審美ブラケット」です。
当院の矯正治療
充実した歯科医師育成制度
矯正歯科ネット
デンタルザウルス
クリニック紹介サイト
ドクターズファイル
ハピネスエイジング
iaomt asia
i.p.f研究所
点滴療法研究会
オーソモレキュラー.jp
分子栄養学の検査、治療を受けられるクリニック
サイトメニュー
home
医院のご紹介 スタッフ紹介
診療のご案内 診療科目
当院の矯正治療 交通アクセス
スタッフ募集 プライバシーポリシー
院長 柴田 敬介
所在地 〒488-0839
愛知県尾張旭市渋川町2-15-1
Googleマップを開く
診療のお問い合わせご予約は
0561-51-4618
PCサイト